EDの治療薬についてのこと

EDはなおせる!

ED治療薬として、色々な種類のものが出ていますが、ここでは、「精神的なものとしてEDになってしまった方のための治療薬」として、以下のものを挙げさせていただきます。
まず、EDになってしまう理由として、「精神的な信じられないほどの苦痛」これがある場合には、人の最もなくなっていく3大欲として、「性欲」が挙げられます。
過酷過ぎる嫌な話ですが、強制収容所などの過酷な現場に入れられてしまった方々の場合、栄養が足りないことから、まず、食欲は「生きていく上で欠かせないもの」であるため、消え入ることはありません。
人間の3大欲には、「性欲」「食欲」「睡眠欲」この3つがある、とされていますが、一方で、「性欲」の場合には、子孫繁栄のための欲である、とされているため、通常ではあるものですが、あまりにも「精神的、肉体的に過酷な状況」に陥ってしまった場合には、まず、この性欲からなくなっていく、とされています。
そこから、EDになる人もいるのでは、と推測されています。
そのため、よく聞く話として、精神的に社会で酷い仕打ち、例えば上司からのパワハラ、苛め、このようなものを受けた人ほど、過酷な精神状態に陥ることになるため、「精神状態がおかしなことになる」ことは、普通の感性をお持ちの方であれば当然です。
そのような際には、実は、内科などや皮膚科などで処方される「精神安定剤」の一つに「レキソタン」という薬があります。
こちらは、「精神を落ち着かせる薬」として、治療薬として使われていると同時に、かなりの効果があるとして、有名な治療薬です。
こちらの薬に関しては、「精神科」などや「心療内科」でなくても、処方がされる薬となっており、当然ですが、精神を安定させてくれるためのものであり、余程に酷い飲み方、例えば一度に10錠などを飲む、などの方法をとらない限り、しっかりと効果が出てきます。

EDはなおせる! | 落ち着いて対処するように